FC2ブログ

何時ボン楽しい宴会でしたね…

2010-03.04 Thuとびでばいん[雑記]

Time[20:46] Comment[0] Trackback[0]
( ◇)<デモンズソウル
まだ城-4クリアしてないけど軽く総評。
今までプレイしたゲームの中でもかなり面白いわー。
これほどゲームゲームしているゲームはなかなかないでしょう…。
難所を試行錯誤して越えたら、また新しい難所にブチ当たり、不意打ち落下は当たり前。
何も無かったハズなのに、何でか敵の声らしきものが聞こえると思って後ろを向いてみたら、
死角に隠れてた敵に背後狙われたりとかね、BGMが用意されてないわけだぜ…。
ゲーム性への理解が深まってくると、未開発ゾーンを歩くときにすり足になるw
それでも死ぬときは死ぬんでちくしょおおおおもう一回! で、大体早朝までプレイしている訳で、社会人なのに…。
しかしクリアさせない気で作ってるわけじゃないので、頭を使えば人間誰しも解ける。
とにかく自分でここはどうやって切り抜けよう、この辺何か隠れてそうだな…とか、
この敵はどうやって倒すのがいいかと自分で考えることが楽しい。
この部分にだけ限った話じゃないけど、とにかくシステムが丁寧で、デスペナとリトライのバランス取りが絶妙。
攻略サイトは見るにしても、せいぜいデモンズソウルの使い道ぐらいにしといた方が無難。
ステ振りすら参考にするのはナンセンスだと思う。
それにこのゲームは他のプレイヤーがヒントメッセージを残せるので、そっちを参考にした方がいい。
書き込み内容はテンプレートの中でしか選べないので、重度のネタバレを避けられる仕様になっているので程よい感じに。
自分のやりたいようにやってもクリア出来る難易度なんで素晴らしいわ。
極めればSL1でもクリア出来るゲームらしいですしねー。

一般的認知ではとにかく難易度高くマゾゲー言われてるんで、それ以外はかなりプレイヤーに対して丁寧な作りだと思う。
特に思ったのがレベリング。こんなんWikiとか事前に情報入れる必要ないわ。
デモンズはこの難易度ゆえに得意じゃない人への救済処置なんだろう。
意図的にやりやすい場を設けてくれてるので、頭を使えば普通にわかる。
嵐-3のエイ乱獲なんてあそこまで用意されてたら猿でもわかるわw だとしても自ら気がつけた時はちょっと嬉しい。
そういった周辺まで見ると色んな人にプレイして貰いたいと考えてるゲームなんだなと思うけど、
キレやすい若者は大体城-1でブチギレるだろうから意味ないね!

挑戦的なシステムだけど、それをしっかりと考えられたシステム作りでフォローしているので、
普段この手のゲームが苦手なプレイヤーすらクリアまでプレイさせてしまうんだろうなぁ。フロム最高っすわー。
信者向けに言えばNPCが相変わらずネタにぶっとんでて可愛すぎて生きるのが辛い。
オッツダルヴァオストラヴァ王子と沈黙の長・ユルト(笑)とアンバサ勢が強烈すぎた。
かぼたんとユーリアたんと愚か者の偶像さんは俺の嫁、でも魔女の魔法微妙だよユーリアたん!