FC2ブログ

何時ボン楽しい宴会でしたね…

2012-11.20 Tue君が何を言っているのかわからないよ[雑記]

Time[22:23] Comment[3] Trackback[0]
( ◇)<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
今日見てきたので感想っていうよりはまぁリビドーの赴くままに書きなぐり。
当然ネタバレを多分に含むので注意。










































破のラストから14年後と大きく時間がぶっ飛んでいて、その際に起きたニアサードインパクトの影響から、
前作の劇場版ラストのような世界になってしまった。
んで、引き起こしたシンジ君は14年間眠り続けたもんだから起きた時には完全に浦島太郎状態。
当然事実を知る物全てから恨まれており、浦島太郎より辛い状態に。
まだそれを知らされていない時に一人再開を喜ぶシンジ君に対して、
ミサトさん含めかつての仲間だった人達全てが全員死ねよウゼェみたいな態度が非常に切ない。
アスカにも終始厳しく当たられて、最終的にガキシンジと呼ばれてしまうけど
そりゃあんたは14年間リアルに過ごしたから、14年間眠ったままのシンジ君は精神的にも14のままだよ……。
その割にはアスカもマリも精神的な成長が見受けられないけれども。
見た目だけでなく精神的に成長しないのもエヴァの呪縛だというのなら仕方ない。

ネルフに反旗を翻し、新たに設立された組織ヴィレですけど。
リーダーがミサトさんってマジかよ。俺絶対に入りたくないんだけど。
開幕からリスクを無視して成果を得ようと立ちまわってるところからして気質は40になっても変わらんわ。
しかしエヴァに戦艦が出るとは思わなかったんで、ちょっとびっくりした。
覚醒した初号機さんが動力みたいな扱いを受けてて何処ぞのGN電池さんのような悲しみが。
ただ名前が初めて聞いた時、あまりにダサい響きで何を言っているかわからなかったですね。
え? ゾンダー? かと思ったら二度目でブンダーって解って、最終的にパンフ見てヴンダーと正しく理解したわ。
結局ヴィレはただの危険人物であるシンジを隔離したかっただけで、
ミサトさんは冷たい目で見つめるだけで何も説明しないし、
久しぶりにあったアスカはガラスにヒビが入るぐらい本気パンチをぶつけてくるしで、
あんまりにも虐めすぎるからそのまま9号機で迎えに来た綾波と一緒にネルフへ行っちゃうわけですよ。
やっぱりミサトさんがリーダーだけあってその辺がザルですね。
あとトウジの妹はそこそこ可愛い。ここで書いておかないと後々書かないと思ったので強引に。まぁまぁ可愛い。

ネルフ本部は見るも無残な形に。恐らく軍やヴィレ辺りに襲撃を受けた後なんだろうと思うけれど、
何一つその辺は語られず、そんなボロ屋で生活を始めるシンちゃん。
部屋は糞ほど余っているのに綾波もどきは何故かコンテナハウス以下の建物で生活しててもう何なのか。
君は質素な生活をすることが趣味なのかなんなのか。
職員はほとんどヴィレに属しているのか、人っ子一人映らない。
恐らく演出重視であり、シンジの部屋に糞マズそうな何時もの飯と着替えが届けられているんだから、
本当に最低限の人はいるんだろうけれど。もし生え際が大幅に後退している冬月先生辺りが、
糞マズそうな飯を盛り付けたり、何とか使えそうなワイシャツを選んで洗濯しているなら悲しすぎるし。
キールのメガネをつけてサイクロップス化したマダオとオサレにピアノを奏でるカヲル君が登場。
正直この時点で吹きそうだったけど本当の地獄はここからでした。

カヲル君の猛ラッシュが凄い。
ピアノを教える時は背中から手を回し、隣で引く時にケツを密着させて甘い笑顔で誘惑するその姿はまさにガチ。
当然拠り所を全て失ったシンジくんはテレビシリーズ同様彼の虜になっていきどんどんホモホモしく。
俺これ家で見て思うがままに笑いたかったわ……。
ただまぁ、シンジ君がホモってしまうのも致し方ないと思うわけですよ。
助けたと思った綾波は綾波もどきで、世界をあんな風にしてしまったけど綾波を助けられたんだからそれでいい。
ってのが唯一の精神的な支えだったわけですから、それがぶっ壊れてハートブロークンなところで
優しく接してくれるイケメンがいたら、そんなん俺でも100%もう男でもいいかな……ってなりますわ。
ただちょっとガチで依存しすぎた感じになったのがアレだけど。
13号機に乗ってセントラルドグマ行くときなんて9号機に乗ってついてきた綾波すげぇ邪魔がってましたからね。
僕とカヲル君だけでいいのに……とかやべぇ、やべぇよ……。
とにかく凄くいい奴で、良すぎるから逆にカヲル君とは言えども、
もしかしてシンちゃんをハメよう(意味深)で動いているのかと思ったら、
彼だけは最後まで純粋にシンジを救いたかっただけなんて、もう天使や、天使のホモや。
登場人物全員が黒くなっているQで最後の良心でした。
シンちゃんに付けられた首の爆薬を自分に取り付けた時、
アカン死んでまう! カヲル君それはやめて! って心の中で叫んでしまうほどに。
俺たちからすれば見えてる地雷を踏みに行ったようにしか見えないわけだよ。
カヲル君は前回の記憶があるっぽいしまさに見えていたのかもしれんけれど。

今回のラストバトルの13号機&Mark.9VS2号機改&8号機。
13号機の何かよくわからんファンネルATフィールド?みたいのが便利すぎる。
2号機改のコードZZZ、凄い気持ち悪い形になってエビぞりでビームは吹いた。
なんやぁこのダサキモカッコ……よくはないけどそんなに嫌いにまでなれない感じ。
深海魚とかでいそうだからかな……。
何かアスカは必死こいて戦ってるんだけど、シンちゃんが片手間でやめてよー何で邪魔するんだよーってな感じで
ATフィールドでバンバン弾いて最終的に2号機改の内部電源が切れたところにパンチ入れて吹っ飛ばすから、
軽くあしらわれた感じが凄い。女に手をあげるなんてサイテー…と言われましても温度差が。

しかし、イライラする場面が多かった。
ミサトさんは前作あんだけ思った通りにやりなさいとか煽っておいて、
思った通りにやって世界滅亡になったら、もう何もすんなとか言うし、首に爆薬取り付けるし。
どの道、破ラストの状況でシンジが第9使徒を止めなかったら、
ニアでなくガチモンのサードインパクト起きてたかもしれんわけだし、
シンジ一人に全ての責任を押し付けるような真似をするのはどうよって感じ。
アスカもアスカであんなんだし、ネルフって何それ? 歌?ってな人達は恨んでもいいとしても、
少なくとも関係者である彼らはもう少し歩み寄りを見せてもいいんじゃねぇのとは思った。
まぁアスカは序盤に切羽詰まったら助けを求めたり、最後の台詞を聞く限りまだ憎みきれてないんだろうけど。
シンジ君もカヲル君がこれは罠かもしれないからやっぱ辞めようって言ったのに一切話を聞かないで、
カヲル君から13号機の操作を奪い取って勝手に僕らの槍(意味深)を引きぬいて、
結局マダオの思うがままに事を進めてしまう愚かしさが如何ともし難い。
その結果至近距離でカヲル君の首チョンパ見て発狂ってもう自業自得っていうか、カヲルさんが心底可哀想。
よくよく考えたらニアサードインパクトもフォースインパクトもカヲルさんが止めてるわ。主人公か。
登場人物全員もっと上手く出来ないもんかなと歯がゆい感じがたまらない。
このイライラモヤモヤする感じが本来正しいエヴァだとは思うんだけれど、これで2年待たされると思うとうぅん。
話的にもこれ次回作への繋ぎの話以外の何物でもなくて、
Q単体で作品的な評価をするとなると、正直ちょっと盛り上がりに欠けてた感じが。
終始雰囲気が最悪で、状況も進むに連れて悪くなるばかりで、何一つ好転しないまま終わってしまう。
見終わった後の達成感っていうのが無くてぐんにょりした気分で映画館を去らないといけないのがキツかった。
これ最後に残酷な天使のテーゼを合唱しようとかキモい企画があったけど、
そんな事やれる雰囲気では一切なかったですね……。
まぁ、破で綺麗な盛り上がり方をした分、ラストに向けて一旦落としておくってのもアリなのかもしれないけど、
そうしないでも楽しめるような感じにして欲しかったなとは思う。

次回予告がまたアスカ担当。
破の後のQ、金曜ロードショー破後の先行映像と来て次回予告のプロだわ。
量産型Mark.6VS8号機+2が戦闘しているだけで特に情報はないけど。
8+2のキカイダーっぷりがヤバい。これもまぁ13号機同様二人乗りなんだろうか。
次回タイトルがシン・エヴァンゲリオン:Ⅱでヱじゃなくてエになってるんすねぇ……。
最後までサービスサービスとの事ですから、まぁ本当にこれで終わってくれるんでしょう。
空白の14年間とかどっかで展開しそうな気もするけど。
  


2012-11.23 Fri 07:23山口孝志穂[-URL]

おもしろい!
 

2012-11.24 Sat 15:32Prote[-URL]

映画見に行く余裕もないなぁと思って君と沖縄のレビュー読んじゃったけど正直カヲルくんのホモパートだけは見たい
 

2012-11.26 Mon 02:00[-URL]

>山口孝志穂
まぁまぁおもしろい!

>Prote
もし俺が旧劇の時にカヲル君が三度の飯より大好きな腐女子だったら、体中の穴という穴から液体を分泌するレベルのホモホモしさだったのでそこだけは純粋にオススメ出来る。